■古き良き時代の英国車エストレヤ。

★エストレヤの誕生に買取の仲間内でもビックリ。

エストレヤは川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーが製造販売したモデルです。

「ESTRELLA」とはスペイン語の「星」を意味していて、カワサキとしてはまさに彗星のような勢いで市場を活性化させたかったのでしょうね。

ある意味で狙いどおりになりました。

外観がすごくいいですよね。

英国車が幅をきかせていた往年の時代のスタイルを彷彿させるデザインです。

懐古調でそれまで市場にあったバイクのデザインや外観とはひと味もふた味も違った趣があって、このエストレヤが発売された当時は、買取業者も、ビックリでした。

オールドファッションなんだけれども新しくてカッコイイ、そういう感性をくすぐったモデルではないかと思います。

それだけにエストレヤは高値買取に期待もできるでしょう。

★エストレヤは買取業や中古市場でも救世主的存在。

乗ること、走ること、そして一緒にいることを楽しめるバイクです。

重量感はそれほどなくて、どちらかというと都会的な匂いがする、決して大陸横断をするようなクルーザータイプのフテブテしさがないのです。

街中を走行していても、人々の目を引くというよりは、そこに溶け込んでしまうという不思議なテイストをエストレヤはもっています。

1992年から販売が開始されましたから、ちょうど日本がバブル崩壊で天地をひっくり返したような時代に市場投入されたモデルです。

カワサキとしては冷え込んでいくバイク市場に何とかブレーキをかけたいという思いではなかったでしょうか。

そういう意味では買取業のわれわれにとっても中古販売のディーラーにとってもエストレヤは救世主です。